そんぐぽすと

381252
[くまたか]へ戻る
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

「第118回自然観察会:平尾台」の投稿画像 広塚忠夫

2020/09/23 (Wed) 04:04:09

「第118回自然観察会:平尾台」の投稿画像について、セクハラ的だとのご指摘と苦言、ありがとうございました。
即日、当該画像はサイト「くまたか」担当にお願いして削除致しました。更に、被写体の方にお詫びのメールを差し上げました。
結果、返信メールは“あの写真、大きなお尻がアップされ、ビックリしましたが、笑ってしまいました。ご指摘があったとの事、それも、笑ってしまいました。”
以上の回答メールからは、被写体のご本人は不快感がなく安心しました。
しかしながら、今回の投稿画像に対して、撮影者と被写体との間には問題はなかったとはいえ、遊び心と笑いをとる的な写真が、第三者の目からは逆に不快に感じられ、セクハラ的だとのご指摘は、真摯に受け止めて今後の投稿に注意したいと心しています。

「第118回自然観察会:平尾台」に投稿された感想文について 田原茂巳

2020/09/18 (Fri) 23:32:52

筑豊支部会員の田原です。
昨日行われた「第118回自然観察会:平尾台」に投稿された感想文について、
あくまでも私個人の意見として、苦言を述べさせて頂きます。
広塚事務局長の感想文の写真「(21)大胆な眩しい乙女の後ろ姿!」について、
余りにもセクハラ的だと思います。筑豊支部のサイトは充実しており全国からの訪問者が多く、この様な画像を発信するのはいかがなものでしょうか。この画像を見て不愉快になった人(特に女性)も多いと思います。筑豊支部の名を汚しかねないものです。(しかも事務局長とあろう方が無意識とは・・・) 役員会にて何等かの対応をお願い致します。

第118回自然観察会感想 - 山口得知代

2020/09/18 (Fri) 20:07:46

コロナ禍で登山道はボランティアさんの草刈りが出来てなくて藪漕ぎでしたが半年ぶりの平尾台はススキ、油薄、とすっかり秋でした。ナンバンギセル、巾着草、アカバナ、と秋の花にも会え参加者が少なかったのでリーダを独占出来た観察会でした。途中の休憩のときには目の前の竜が鼻、少し隠れた香春岳、その奥に福智山、を眺め貫山と英彦山は雲の中、雨を心配しましたが降られる事もなく無事終了。14種類も野鳥達が観察されたそうですが、私が見たのはスマートに飛び交うツバメだけでした。カメラは孫の運動会にもって行かれ記録なしの観察会になりましたが充実した一日でした。担当の皆様ありがとうございました。

クラウドファンディング 高相徳志郎 URL

2020/09/02 (Wed) 11:15:38

 初めまして、突然で申し訳ありません。西表在来植物の植栽で地域振興を進める会の高相です。昨年3月に琉球大学を退職して、西表島で自然環境保全の活動を行っています。

 8月から「イリオモテヤマネコを絶滅危機から守りたい」というタイトルでクラウドファンディングを始めまして、ご支援をお願いしたいと考えています(現在の達成率は8%です)。タイトルからヤマネコが主の活動と理解されるかもしれませんが、広大な湿地で休耕田に水が張る池を造成し、ここで絶滅危機にある水生生物を保護しようと考えています。昆虫等は飛来するでしょうが、植物は移植をします。造成池はヤマネコの餌場にもなります。将来的に造成池を増やせたらと考えていますが、この際は鳥が観察できます。牧草などの外来草本、ギンネム等の外来木本の駆除も主要な活動です。また、湿地を通る県道に在来の海浜植物を植えて、景観の改善とヤマネコの交通事故防止に役立てます。既に、西表島の東部と西部で池を造成していまして、水生生物の定着を見ています。外来植物の駆除と海浜植物の植栽は4年前から始めています。活動の詳細につきましては、下記サイトをご参照ください。
https://readyfor.jp/projects/iriomote
http://iriomote.image.coocan.jp/CF/CF.html

 コロナ影響下での支援事業に疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。当プロジェクトは1年8か月前に準備を始めました。この時の土地使用の許可申請に対して、沖縄森林管理署から自然維持タイプ区域であるために外来木本であっても駆除許可は出せない、保安林を管理する沖縄県の部署から外来木本でも駆除しないで欲しいという回答がありました。これらの回答への解決が済んだのが今年6月ということになりました。

 西表島の自然環境の現状を出来るだけ多くの方に理解して頂きたいこともあり、ファンディングのリターンに1000円のペーパーウェイトを設けています。この方法でのご支援をお願いできないでしょうか。石垣空港、西表島のフェリーターミナルで600円程で販売しているものです。

 なお、会では祖納集落の海岸で海浜植物の整備、見本園づくりを始めています。ウミガメの食害で危機的状況にあるウミショウブ藻場の保全活動も行っています。

 どうか、よろしくお願いいたします。

ゆうれい会員 後藤美由紀

2019/09/01 (Sun) 15:06:59

大学卒業後、飯塚商店街で前から歩いてこられる恩師の祝原先生とばったり。「野鳥の会に入らんね。」と。これまで車で送迎してくださっていた方がご結婚されたとのこと。ということでその方になり代わりまして祝原先生とともに例会に参加させていただきました。私も間もなく結婚し大阪、福岡と移動するも、ずっと筑豊野鳥の会の会員に名前だけ連ねてさせていただきました。ゆうれいもここまでくると・・・その間、野鳥だよりは分厚くなり、本も出版され、「すごいなあ」「すごいなあ」と皆様のご活躍を影ながら応援させてりただいております。今後も皆様のご活躍をお祈りしております。

「会員専用」へのアクセスの件 田原 茂巳

2018/03/13 (Tue) 13:07:42

探鳥会へ度々参加させて頂いております下関の「田原」です。
3/5、筑豊支部会員に入会させて頂きました。よろしくお願い致します。
つきましては、「会員専用」にアクセスしたいと思いますので、パスワード他アクセスに必要なものを教えて頂けないでしょうか。又、支部会員として知っておかなければならないことがあれば教えて下さい。よろしくお願い致します。

珍鳥カラフトムシクイ かんち

2016/02/16 (Tue) 07:29:32

福岡市の公園でカラフトムシクイを先週撮影しました。私はまだ野鳥の会の会員ではないのですが、画像をお送りいたします。

Re: 珍鳥カラフトムシクイ 有働@くまたか担当 URL

2016/02/18 (Thu) 09:25:13

コメントが遅れ申し訳ありません。
まさに“珍種”ですね。弊会でも会員に参照され、評判になっております。
福岡市内の公園とのことですが、心ないカメラマンや観察家の集中で、カラフトムシクイに悪影響がないか、少々心配されるところです。
貴重な情報をお寄せいただき、たいへんありがとうございました。

英彦山の探鳥会に参加して 岩本康子

2015/06/16 (Tue) 23:27:28

今回は筑豊支部と北九州支部との合同探鳥会で、英彦山の深倉園地から草木ヶ峠までの長い林道を歩きました。英彦山には何度も登ったことがありますが、このルートは初めてで、緩やかな登りでしたが、結構長く、かなり歩き、少々疲れました。それでも、杉木立を初め、さまざまな木々に囲まれた林道で気持ちのいい森林浴をし、お仲間と色々な話をしながらの楽しい探鳥会でした。当日の再発見はオオルリの羽の色でした。瑠璃色の美しい羽の色は遠くからでもはっきり認められますが、今回は改めてスコープでその羽の色の複雑な色合いに気付きました。ただ青いのではなく、複雑な色合いを持つ羽だということに初めて気付きました。スコープで見せて下さる皆様に感謝です。また、植物に詳しい方も多く、大変勉強させて頂きました。当日案内役をされた野村さまに、英彦山の代表的な花をお尋ねすると、ヒメシャラだとのこと。そこで、”富士山には月見草がよく似合う”(太宰治)を捩って ”英彦山にはヒメシャラがよく似合う” という駄句を一句詠み、今回の探鳥会の報告の締めと致します。皆様大変お世話になりました。

宮本先生へ、探鳥会、勉強になりました - 英彦山の四季/ひろつか

2015/06/11 (Thu) 15:40:30

宮本先生
大法山の記事のアオバセセリ?はジャコウアゲハに擬態していると言われる”アゲハモドキ”という蛾の仲間です。
とのご指摘ありがとうございました。
マイ蔵書の日本のチョウ:日本チョウ類保全協会(誠文堂新光社)に載っていなかったので、サイトで確認できました。今後ともチョウなどの識別のご指導よろしくお願いしたします。

探鳥会、勉強になりました 宮本 URL

2015/06/05 (Fri) 10:51:54

昨日、初めて探鳥会に参加させていただいた宮本です。
あんなに距離のある鳥の姿を即座に見つける技術に
驚かされるばかりでした。ありがとうございました。
その探鳥会の帰り北岳に登り、ひょっこりと目の前に
舞い降りて来た子がいるのですが、初めて見るので
同定できません。こんなお願い投稿をしても良いものか
悩みましたが、なんとも自分ではわかりません。
トラツグミだと、嬉しいのですが。。。
ご教授くださると助かります。お願いいたします。

Re: 探鳥会、勉強になりました - サイト管理者@有働

2015/06/09 (Tue) 23:29:02

> 大法山の記事のアオバセセリ?はジャコウアゲハに擬態していると言われる”アゲハモドキ”という蛾の仲間です。
さっそく、キャプションを修正いたしました。広塚が、感謝をお伝えするよう申しておりました。ありがとうございます。

Re: 探鳥会、勉強になりました - 宮本

2015/06/09 (Tue) 09:47:19

ご丁寧な返答 拝読いたしました。ありがとうございます。
ほんの数秒見つめ合っただけの鳥で、とにかく見たことがなく
調べまくりましたが途方にくれて書きこんでしまいました。
また撮りに行き、何の子なのか確認出来たらと思います。
積み重ねた無礼の数々、どうかお許しください。

広塚先生にも感謝の意どうかよろしくお伝えください。
それと一つ先生に伝言をお願いいたします。
大法山の記事のアオバセセリ?はジャコウアゲハに擬態していると言われる”アゲハモドキ”という蛾の仲間です。

Re: 探鳥会、勉強になりました - サイト管理者@有働

2015/06/06 (Sat) 10:28:09

宮本様

> やらかしまして、本当に申し訳ありません。
どうかお気にされませんよう。
弊会内部に識別依頼をお受けするグループはありますが、そこではお受けせず、今回は、先日お会いしました有働と弊会事務局長・広塚で、写真を拝見いたしました。
広塚によれば、胸の模様がほぼきれいな網目模様であることから、トラツグミの可能性は無いであろうとのことです。トラツグミの胸の模様は下向きの三日月模様で、比較的顕著です。それ以上の判断は写真からは困難でした。申し訳ありません。
探鳥会や自然観察会には、ご都合がよろしいときにぜひご参加ください。お待ちしております。今後とも[くまたか]ともども、弊会をよろしくお願いいたします。
ご連絡いただきたいへんありがとうございました。

Re: 探鳥会、勉強になりました - 宮本

2015/06/05 (Fri) 17:43:50

再び、投稿します。
『野鳥の種名の問い合わせについて』の欄、今頃気が付きました。誠に申し訳ありません。管理人様の方でこの親記事から削除していただけたら助かります。(削除キー、入力忘れです)
やらかしまして、本当に申し訳ありません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.